不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

不動産を売却したい方必見!仲介手数料について解説します!

不動産の売却を検討されている方は、売却方法として仲介を選択すると仲介手数料がかかることをご存じですか。
仲介手数料がどのようなものか、そしてどれくらいの金額か詳しく分からない方もいらっしゃるでしょう。
そのため、本記事では仲介手数料について解説します。

仲介手数料とは

まず、仲介手数料とはどのようなものかご紹介します。
仲介手数料とは、媒介契約を締結した不動産会社に売却を依頼し、不動産売却できた場合に、売主が不動産会社に対して支払う「成功報酬」です。
売主の皆さんに代わって、不動産会社が売却活動してくれるため、売買契約が成立した際は仲介手数料を支払う必要があるのです。

また、仲介手数料には通常の業務で発生する費用が含まれることを把握しておきましょう。
具体的には、売却活動から、買主との契約条件の調整、書類作成をはじめとした事務手続きまでが通常業務として扱われます。
しかし、皆さんが補足的な業務を依頼する場合に発生した費用は、仲介手数料としてではなく、別の費用として請求されるでしょう。
例えば、売主の希望で遠隔地の買主との交渉を依頼する場合にかかった出張費や、通常は行わない広告宣伝にかかる費用などは、別途請求されるため注意してください。

仲介手数料の上限とは

上記では、仲介手数料がどのようなものかをご紹介しました。
次に気になることは、具体的に仲介手数料にいくらかかるかだと思います。
ここでは、仲介手数料の相場や上限について見ていきましょう。

あまり知られていませんが、仲介手数料には宅地建物取引業法によって上限額が定められています。
そのため、不動産会社が上限を超える仲介手数料を請求した場合は法令違反です。
しかし、下限は定められていないため、上限より下の金額であれば、不動産会社は自由に請求できます。
したがって、売主の皆さんは上限を知っておきましょう。

まず取引物件価格が400万円を超える場合は、取引物件価格の3パーセントに6万円を足し、それに消費税を加味した額が上限です。
次に、取引物件価格が201〜400万円以下である場合は、取引物件価格の4パーセントに2万円を足し、それに消費税を加味した金額が上限です。
最後に、取引物件価格が200万円以下の場合は、取引物件価格の5パーセントに消費税を加味した金額が上限です。
ここで言う「取引物件価格」は、税抜きの金額を指すため注意しましょう。

また、売却予定の不動産によっては例外もあるため、あらかじめ不動産会社に確認しておくと安心です。

まとめ

本記事では、仲介手数料についてご紹介しました。
仲介手数料とは、不動産会社に対する成功報酬であり、金額の上限は取引物件価格によって変動します。
当サイトでは、不動産の査定をその場で行えるため、ぜひ活用してみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。