不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却をお考えの方!有利になる「売却理由」とは?

中古住宅の売却をご検討中の方は、なぜその住宅を売却しようとお考えになりましたか。
さまざまな理由があると思いますが、売却理由によってはみなさんが有利になることもあれば不利になることもあります。
本記事では中古住宅を売却する理由として妥当性があるもの、そして売却する際の注意点についてご紹介します。

売却理由について

本記事ではまず、中古住宅の売却を検討されている方の不動産売却の理由として多いものをご紹介します。
下記の項目にご自身の売却理由と近いものがあれば、売却理由として妥当性があると言えるでしょう。

まず、売却理由として最も多いのが住まいの住み替えです。
より良い住環境へ買い替える際に、資金調達の一環としてその時点で住んでいる不動産を売却する人が多いです。
不動産は売却することでかなりの資産を得られるため、この行動は当然と言えますよね。

次は、家族構成員の変化です。
具体的には、家族が増えて住まいが手狭になってきたことや、反対にお子さんが巣立ち手広くなったことが理由として挙げられます。
家族の誕生と巣立ちと共に、住まいも一新して心を入れ替えようとする人が多いということですね。

次に、ライフスタイルの変化です。
通勤先や通学先の変化をはじめとした、ライフスタイルの変化に伴い不動産を売却し、違う住まいへと転居する人がいます。
また、高齢夫婦の中には老人ホームに転居するために売却する人も多いようです。

中古住宅を売却する際の注意点について

上記では売却理由についてご紹介しました。
上記の売却理由であれば妥当性が高く、売却してもみなさんが不利益を被ることはないでしょう。
しかし、注意点はあります。
中古住宅を売却する際は以下のことに注意してください。

まず1つ目は、契約不適合責任です。
契約不適合責任とは、不動産を売却した後、契約時に伝えていた内容とは違うことが見つかった場合に、売主である皆さんが負う責任のことです。
この責任が発生しないよう、売却する前にあらかじめ欠陥がないか確認をしておき、ある場合は不動産会社を通して買主に伝えるか、修繕しましょう。

2つ目は、査定前にリフォームしないことです。
売却予定の中古住宅が古いと感じて、「リフォームしたほうが良いのでは」と悩む方がいらっしゃいますが、基本的に不動産会社に相談する前にリフォームすることはおすすめできません。
その理由は、リフォームすることでかなりの費用がかかりますが、その費用以上に高く売れない可能性があるからです。
リフォームする必要があるかについては、不動産会社の方と相談して決めると良いでしょう。

まとめ

本記事では中古住宅の売却理由と売却の際の注意点についてご紹介しました。
当サイトは不動産の査定をその場で行えるため、ぜひ活用してみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。