不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

不動産の売却と買取はどう違う?それぞれの特徴をご紹介!

不動産売却を検討している方は、仲介売却と買取の違いに戸惑った経験はありませんか。
「表記方法が異なるだけで行うことは同じなのでは」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、両者の違いを理解していないと損してしまう可能性があります。
今回は、仲介売却と買取のそれぞれの特徴をお話しします。

仲介売却について

まずは仲介売却とは何かをご紹介します。
仲介売却とは、不動産会社が売主である皆さんに代わって、買主を探してくれることです。
また仲介売却の特徴の1つは、売主である皆さんが具体的な売り出し価格を決められることでしょう。

仲介売却のメリットは、比較的高い金額で売却できる可能性があることです。
その理由は、買取と違いご自身で売り出し価格を決められるからです。
売却方法にもよりますが、査定額や相場より高い金額で売れることもあります。
そのため、できるだけ高い金額で売りたい方は、仲介売却を検討すると良いでしょう。

次に、デメリットについてです。
デメリットは不動産が売れない可能性や売却までに時間がかかる可能性があることです。
売り出し価格が適正でも、立地条件が理由で売れ残ってしまう場合もあります。
また、内覧の手配などを考慮すると、買取と比較して時間がかかってしまうことはデメリットでしょう。

買取について

次に、不動産買取とは何かを見ていきましょう。
不動産買取では、不動産会社が不動産を買い取ります。

比較的迅速に買取に対応してくれる場合は「即日買取」と呼びます。
また、仲介売却の要素が少し取り入れられた「買取保証」という方式もあります。
ご自身にとってどちらが良いかは、不動産会社の方に相談した上で決めると良いでしょう。

まず、買取のメリットをご紹介します。
1つ目は、仲介手数料がかからないことでしょう。
また、買取額をすぐにお金に変えられる特徴もあります。
すぐに売却や現金化したい方には、魅力的なポイントの1つでしょう。

次に、デメリットについてご紹介します。
デメリットは、売却価格が市場価格よりも安くなるケースが多いことです。
不動産会社にとって、皆さんから買い取った不動産は新たな商品であるため、確実に利益を上げられる価格で買い取る必要があります。
そのため、買取価格は市場価格より安くなることが多いでしょう。

まとめ

本記事では、仲介売却と買取について詳しくご紹介しました。
どちらが良いかは、ご自身の状況に合わせて判断しましょう。
また、当サイトでは不動産の査定をその場で行えるため、ぜひ有効活用してください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。