不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

書類が苦手な方必見!中古住宅の売却での必要書類を紹介します

中古住宅の売却を行いたい方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし、手続きを行う際に必要な書類を揃えるのが面倒に思って、なかなか気持ちが進まない方も多いと思います。
必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。
そこで今回は、中古住宅の売却で必要な書類を紹介します。

書類は早めに揃えておくのが大事

注文住宅の売却には、一連の流れがあります。
その流れの中でも、買い手を見つけるのは簡単なことではありません。
そのような中で、良い買い手が見つかった際には売買契約を結びます。

この売買契約において、相手からは円滑な手続きが望まれていると考えておいて良いでしょう。
円滑な手続きを心がければ、良い関係を築けるとともに条件交渉で有利になることもあるかもしれません。

そのため、住宅関係の書類は日頃からまとめておき、いざとなればすぐに準備できるようにしておくことが大切です。
必要なタイミングが決まれば、再度書類の有無を確認して、なければ準備するというように早めの行動を意識しましょう。

必要な書類とは

それでは、中古住宅の売却の際に必要な書類にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、土地・建物登記済証です。
こちらは、登記名義人であることを証明するためのものです。

次に、固定資産税・都市計画納税通知書です。
こちらに関しては、市区町村役場で発行されていることを覚えておきましょう。
税金の確認や、税金の負担割合の清算をするために準備しておきます。

その他にも、建築確認通知書や建物の図面、物件状況等報告書、設備表なども必要になる場合があります。
これらは、住宅がどのような状態なのかを知るために必要でしょう。
法にのっとって建築されていることを確認しているか、土地の境界線や建物の正確な構造はどのようなものか、現在の建物の状況はどのようなものか、住宅の中に設備はあるかなどを知るために準備します。

さらに、売買契約書に貼り付ける印紙も必要です。
印紙代は、売却額によって変化します。
また、印鑑証明書や本人確認書類なども準備しておきましょう。

このように、中古住宅の売却では様々な種類の書類が必要です。
必要な書類は不動産会社によって異なる場合がありますが、日頃からまとめておき必要になった際にすぐに準備してくださいね。

まとめ

今回は、中古住宅の売却で必要な書類について紹介しました。
売却を決めたら、本記事で紹介した書類を早い段階から準備しておきましょう。
当サイトでは、今すぐに簡易査定を行えますので、中古住宅の売却をお考えの方はぜひ一度ご利用してみてはいかがでしょうか。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。