不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

ローンが残ってても中古住宅は売却できる?詳しく解説します

「ローンが残っているけど売却できるの」
このようなお悩みを抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
中古住宅を売却する絶好のタイミングが来て、いざ売却しようとしてもローンが残っていると不安ですよね。
そこで今回は、ローンが残っている場合に中古住宅を売却する方法について説明します。

ローン残債と売却額の関係について

ローンが残っている中古住宅を売却したい時は、ローン残債と売却額について知ることが非常に重要です。
そのため、これらの関係でどのように状況が変化していくのかについて見ていきましょう。

ローン残債よりも売却額が大きいケースは、「アンダーローン」と呼ばれています。
アンダーローンの場合は売却で得た資金によって返済できますので、問題はないでしょう。

それとは反対のケースも考えられます。
このケースは「オーバーローン」と呼ばれており、売却で得た資金で十分に返済できないため、何らかの方法を考える必要があるでしょう。

このように、2つのケースによって状況が変わってきます。

ローン残債については、正確な数字を調べて把握できます。
その次は、売却額について調べましょう。
売却額は査定により調べられますが、あくまで予想しかできませんので、十分に考えて売却を決めてくださいね。

当サイトでは、簡易査定をサイト内で行っていただけます。
より詳細な査定も依頼していただけますので、ぜひご利用ください。

オーバーローンで住宅を売却する

それでは、オーバーローンで中古住宅を売却したい場合は、どのような方法があるのでしょうか。

1つ目に、手持ち金で補填する方法が挙げられます。
売却して得た資金では足りなかった分を、手持ち金から出して完済します。
預貯金の中から補填できるのが良いですが、どうしても借り入れが必要な方は金融機関を利用することになるでしょう。

2つ目は、住み替えローンです。
手持ち金がなくても住み替えられるというメリットはありますが、借入額が増えることや融資の審査基準が厳しいことはデメリットとして認識しておきましょう。

3つ目は、任意売却です。
こちらは、金融機関の合意を得て売却する方法です。
金融機関に事情を説明して、認めてもらえれば実行可能です。
この際は、不動産会社ではなく専門業者に依頼する必要があるでしょう。

このように、様々な方法があることがわかりましたね。
売却を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

まとめ

今回は、ローンが残っている状態で中古住宅を売る方法について紹介しました。
ローンが残っていても売却はできますので、覚えておいてくださいね。
また中古住宅を売りたい方は、ぜひ当サイトを利用してみてください。

【 不動産売却王】
 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

            加盟店一覧アイコン             運営会社概要アイコン
            お問い合わせフォームアイコン             個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。