不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却するタイミングはいつがいい?築年数と季節が大切です

中古住宅の売却を検討している方の中に、いつ売るのが良いか考えたことがある方はいますか。
戸建やマンションは築年数に比例して価格が下がるため、売るタイミングは大切です。
そこで今回は、築年数と季節の観点から、どのタイミングで売るのが良いかを紹介します。

築年数のタイミングについて

築年数の観点から見ると、「築22年」までが売却に適しています。
なぜなら、戸建は22年経ったら資産価値がほぼ0になるからです。
より具体的に説明すると、一般的には築10年の売却で約60パーセント、築15年で約40パーセント、築20年で20パーセントほどに下がります。
そのため、築22年になる前に売却すると良いでしょう。

しかし、築年数に関係なく売却できるケースもいくつかあります。

まずは、人気エリアで土地が高い場合です。
同じ間取りでも、都市部と地方で売却価格が同じとは限りません。

それは土地の資産価格も考慮されるからです。
土地の資産価格は築年数の影響をほとんど受けることがないため、人気エリアに建っていれば築年数に関わらず高く売れるでしょう。
ただし、建物部分の価値減少を土地の価値で補っているため、土地の価値が下がると全体的に下がる点には注意しましょう。

続いては、リフォームやリノベーションを行っている場合です。
適切なタイミングで補修がされている住宅は購入者に安心して買ってもらえます。
特に、毎日使うキッチンや風呂場のリフォームがされている場合は価値が下がりにくいです。
また、耐震補強や省エネなどの付加価値目的のリフォームが行われていると、築年数に関わらず売れやすくなるでしょう。

季節のタイミングについて

季節の観点では、極端な繁忙期や閑散期はありませんが、差があるのは事実です。
そのため、できる限り売れる季節に売却した方が売れる可能性があるでしょう。

最も需要が高いと言われるのは1〜3月です。
これは新生活に合わせて引っ越しを行う方が多いからです。
この時期に売却すると、相場よりも多少高く売れるでしょう。

その次に需要が高いのが、10月前後です。
10月は企業の異動と重なり、第二の引越しシーズンと言われています。
1〜3月に比べると引っ越しする人は少ないですが、需要が増えます。

ここでは需要の高い季節を紹介しましたが、築年数に比べて極端な違いはないためあまり気にしなくても良いでしょう。

まとめ

今回は、中古住宅が売れやすいタイミングを、築年数と季節の観点から紹介しました。
築年数は売却価格に大きく関わるため、築22年を超えている場合は工夫して住宅の価値を上げる必要があります。
また、季節のタイミングについては、影響は少ないものの、引っ越しの多い時期に合わせると売れやすくなるでしょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。