不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅を売却する際にリフォームは必要ない?

中古住宅の売却を検討中の方で、リフォームは必要なのかどうかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
住宅を売却する際には、経年劣化しているところや、最新でないキッチンに自信がなく、リフォームしないと売れないのではないかとお考えの方が多いようです。
実際、売却の際にはリフォームは必要なのでしょうか。

全面リフォームはするべきか

住宅を売却する際に悩むリフォームのひとつに、全面リフォームがあります。
全面をリフォームすれば、リフォームをした部分としていない部分でのちぐはぐ感も少なくて、より売れやすくなるとお考えの方は多いでしょう。
しかし、中古住宅の売却では全面リフォームを行うよりも、リフォームをしない方がおすすめです。
なぜこのように言われているのでしょうか。

そもそも中古住宅は、購入してから購入者自身がリノベーションをすることを前提とされている可能性が高いです。
リノベーションとは、住宅を一度骨組みの状態にして、間取りから作り替えてしまうという手法です。
そうすることにより、ほぼ新築と同じ家が、新築よりも安価に、いい立地で手に入ると、近年では人気が高まっています。

このような背景があるため、せっかくリフォームをしても、全て取り壊されて無駄になる可能性が考えられるでしょう。
さらに、リフォーム費用を売却価格に上乗せしている場合に限っては、売れなくなってしまうこともあります。
また、リノベーションが前提でない買主を探すにしても、リフォーム後のデザインが買主の好みに合わなければ売却は難しいため、かなりハードルは高いでしょう。

売却する際には掃除や簡易リフォームにお金をかけよう

リノベーションを考えている買主に対しては、どのような中古住宅であっても売れる可能性があるでしょう。
それでは、そうでない買主にはどのようなアプローチをしたら良いのでしょうか。
それは、簡易リフォームや掃除です。
リノベーションが前提でない買主の場合には、綺麗で、好みに合う住宅がマッチします。
そのため、綺麗に見せるためのハウスクリーニングや、好みが分かれない範囲での部分的なリフォームがおすすめでしょう。

好みが分かれない範囲のリフォームとは、古くなった床や壁紙の張り替え、傷がついている場所の修繕などです。
あくまで綺麗に見せることを目的として、リフォームをしましょう。

まとめ

中古住宅を売却する際には、大規模なリフォームがマイナスになってしまいがちです。
よほど古い家でない限りは、何もしないのが一番いいでしょう。
床や壁の汚れがどうしても気になる場合には、簡易リフォームで修繕を行うことをおすすめします。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。