不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅の売却を検討している方へ!査定のコツをご紹介

「中古住宅の売却を検討しており、できるだけ高く売りたい。」
そのような思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
やはり、中古住宅の売却時にできるだけ高く売るにはどうしたらいいのか気になりますよね。
そこで今回は、中古住宅の売却を検討している方へ、査定のコツをご紹介します。

中古住宅を売却する時のコツとは?

実は、中古住宅を売却する時には、いくつかコツがあります。
次のようなコツに気をつけることで、できるだけ高く、そしてスムーズに売却を行えるでしょう。

測量について確認

中古住宅の売却する時は、測量について確認することをおすすめします。
買主にとって、測量を行った土地の方が安心ということでスムーズに売却できます。
測量の確認方法として、「確定測量時」や「境界確認書」が手元にあるか探してみると良いでしょう。

取り壊すか慎重に検討

築年数が古い中古住宅の場合、そのまま売却する以外にも、取り壊してから売却という選択肢も考えられます。
そのまま中古住宅として売るのか、取り壊してから売るのかの判断は、立地や建物の状態によって異なるものです。
例えば、エリアごとに中古住宅の需要が違ったり、土地として売却する方が有利だったりする場合があります。
どのようにして売却するのかによって、売却価格や売れるまでの期間は変わってくるので、慎重に検討するようにしましょう。

内覧対策

内覧対策として、購入希望者の方が家を見学に来るまでに、ハウスクリーニングなどで清潔にしておくと印象が良くなります。
特に、第一印象となる「玄関」や生活感が出る「水回り」などに注意して、掃除を行っておきましょう。

中古住宅の査定にもコツがある?

中古住宅を売却する時には、いくつかコツがあることが分かっていただけたことでしょうか。
実は、中古住宅の査定にもコツがあります。
それは、査定を依頼する時に「建物のセールスポイント」や「瑕疵(かし)」、「希望」をしっかりと伝えることです。
なぜなら、これらの情報は売却に大きく関係しているからです。

例えば、耐震改修などの、価値のある情報として建物のセールスポイントを伝えることで査定価格が変わってくるでしょう。
一方で、査定価格が下がることを恐れて、瑕疵(かし)となる情報を伝えないと、後から責任を追及されてしまう場合もあります。
査定を依頼する時には、上記の3つのことを伝えるようにしてください。

まとめ

中古住宅を売却する時、査定を依頼する時にはコツがあります。
これらのコツを意識することで、できるだけ高く売れたり、スムーズに買い手が見つかったりする可能性が高くなります。
ぜひ、中古住宅の売却を検討している方は、今回の記事を参考にしてみてください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。