不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

ローンが残っていても売却できるのか?中古住宅の専門家がご説明します

「ローンが残っていても、家の売却はできるのだろうか。」
様々な理由から、家の売却を検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、ローンが残っている場合、そもそも家を売却できるのか気になりますよね。
そこで今回は、ローンが残っていても売却できるのか、中古住宅の専門家がご説明します。

ローンが残っていても売却はできる?

家の売却を検討しているが、ローンが残っているため、売却はできないのではと考える方も多いのではないでしょうか?
結論から申し上げますと、ローンが残っていても家の売却はできます。
しかし、家についている「抵当権」が問題となるでしょう。
抵当権とは、住宅ローンの返済が滞った場合に、金融機関が家を差し押さえられる権利のことです。
つまり、家の所有権を持っていても、金融機関が家の売却を決める権利を持っていると言えます。

また、抵当権がついている家は、家を競売にかけられる可能性があるため、買い手がつきません。
よって、最終的には、家を売却するためにローンを完済し、抵当権を抹消する必要があります。

これらのことから、家の売却は進められますが、買い手に家を引き渡すまでには、返済が完了しておかなければなりません。
ローンが残っている状態で家の売却を検討する際には、「抵当権」の問題を解決する必要がることを覚えておいてください。

ローンが残っている場合の売却時の注意点とは?

ローンが残っている場合、家の売却では、抵当権を抹消する必要があるということが分かっていただけたことでしょうか。
それに伴い、次のようなことに注意する必要があります。

家の売却価格を知っておく

抵当権を抹消するためには、ローンを完済しなければなりません。
とは言っても、お金が用意できないと完済はできませんよね。
よって、まずは家がいくらで売却できるのか知って、ローンを完済できるか確かめる必要があります。
方法としては、不動産会社に査定を依頼すると良いでしょう。
当サイトでは、簡易査定の結果をその場で知ることができ、詳細な査定を希望する場合は、地域専門の不動産会社が相談を承ります。
また、査定依頼後、要望がない限り、営業電話をいたしません。
家の売却価格を知りたい場合は、ぜひ利用してみてください。

まとめ

ローンが残っていても、家の売却は可能です。
しかし、今回ご説明したように、抵当権を抹消するためにローンの完済が必要になります。
ローンの完済が可能かどうかは、家の売却価格を知らなければ判断できません。
家の売却を検討されている方がいらっしゃいましたら、まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。