不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

分譲マンションの売却をご検討中の方へ!税金について詳しく解説します!

分譲マンションの売却を検討中の方は、売却にかかる税金をご存知ですか?
勘違いされやすいですが、分譲マンションは購入時だけではなく、売却時にも税金がかかります。
しっかり把握して、売却時の支払いに備えたいですよね。
今回は分譲マンション売却時にかかる税金についてご紹介します。

分譲マンションの売却時にかかる税金

利益にかかる税金

譲渡所得税は、分譲マンションを売却したときの売上のうち、利益となった部分に関してかかる税金です。
買ったときよりも価値が落ちていて、売却金額の方が低いという場合はかかりません。
通常は経年により価値が下がるのが普通なので、土地の人気が急激に高まる場合を除けばそこまで気にしなくても問題ないです。
税率はマンションを所有していた年数で変わり、5年未満なら15パーセント、5年以上は30パーセントです。
また、住民税も売上の利益分にかかる税金です。
税率が所有していた年数で変わることも同じなので、一緒に考えてしまって問題ありません。
5年未満で5パーセント、5年以上で9パーセントです。
復興支援税という税金もあります。
名前の通り、東日本大震災からの復興を目的とした財源確保のための税金です。
これは売上のうちの利益に対して2.1パーセントの税率がかかります。

登録免許税

登録免許税は売上に利益がない場合でもかかる税金です。
売り手は抵当権の抹消分の税金を支払います。
税金自体は1000円ですが、実際は司法書士に頼むときの手数料がかかるため注意が必要です。
また、抵当権なのでローンが残っていない場合はかかりません。

収入印紙税

収入印紙税は、契約で扱う金額に応じて、その契約自体にかかる税金です。
現在は軽減税率が適用されています。

税金を支払うときの注意

各税金によって納税の期間が決まっています。
期限を過ぎると、最悪の場合脱税として取り締まられるので注意してください。
利益に関してかかる税金は、確定申告時にまとめて支払えます。
会社員の方などは確定申告を個人で行ったことがないかもしれませんが、分譲マンションを売却したときは忘れずにしてください。
収入印紙税は契約が締結したとき、抵当権の抹消にかかる税金はローンの完済後がタイミングです。

まとめ

今回は分譲マンションの売却時にかかる税金についてご紹介しました。
分譲マンションの売却時には、売上の利益にのみかかる税金と、利益がない場合もかかる税金があります。
売る前からある程度算出はできるので、予め税額を知っておくと良いでしょう。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。