不動産売却王全国版ロゴ 不動産がその場で査定できる!不動産売却王

全国版

中古住宅をお持ちの方へ|実家を売却する際の遺言との関連とは?

「相続して自分が管理している実家を売却しようと思っている。」
「実家を売却する際の遺言との関連性について詳しく知りたい。」
実家を売却しようと考えている方で、遺言との関連性について気になっている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
遺言書があるだけで、売却の手続きが変わることは知っておいた方が良いです。
そこで今回は、実家売却の際の遺言との関連性について詳しく解説します。

遺言書がある場合とない場合の違い

遺言書がある場合とない場合で相続に関する状況は大きく変わることはご存知でしたか。
そこで、遺言書がある場合とない場合について解説します。

遺言書がある場合

遺言書がある場合、基本的に遺言書通りに遺産が相続されます。

遺言書がない場合

遺言書がない場合は、少し複雑になります。
基本的には、配偶者などの規則に則って相続が決められます。
また、遺産分割協議が行われる場合もあることは知っておきましょう。
遺産分割協議とは、相続人全員で遺産分割について決める協議のことです。

中古住宅を売却する方法

実家のような中古住宅を売却する際、2通りの方法があることはご存知ですか。
そこで、中古住宅を売却する方法について紹介します。

仲介

仲介は、売却したいと考えている不動産を不動産仲介業者に依頼することで売却します。
仲介では、あなたが売りたいと考えている中古住宅を購入したいと考えている人を業者が探して、見つかり次第交渉が行われます。
そのため、売りたいと考えている値段で売りやすくなるというメリットがあります。
その反面、購入者が現れるまで売れないことがデメリットです。

買取

買取は、自分が売りたいと思っている住宅を業者に買い取ってもらうことで手放す方法です。
買取では、自分が売りたいと思っている住宅を購入してくれる人をさがす必要がないので、すぐに売却できます。
しかし、自分が売りたいと思っている値段よりも安い値段でしか売れないことがデメリットです。

まとめ

今回は、実家売却の際の遺言との関連性について詳しく解説しました。
遺言書がある場合とない場合で相続に関する状況が異なることは理解していただけたでしょうか。
遺言と相続の関連性について気になっている方は、今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
お客様に満足していただけるよう、日頃から丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことや困ったことがあればお気軽にご相談ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。