不動産がその場で査定できる!不動産売却王

中古住宅売却時の必要書類について解説します!

「中古住宅を売却したいけど、必要書類がわからない。」
「中古住宅の売却で必要書類を事前に知っておきたい。」
中古物件を売却する際は、いくつか書類が必要とされることはご存知でしたか。
中古住宅の売却をご検討の際、必要な書類がわからず困っている方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、中古住宅の売却で必要な書類について詳しく解説します。

中古住宅の売却で必要な書類

中古住宅を売却する際は、いくつか書類が必要です。
売却する前に、必要な処理について知っておけば、スムーズに取引できます。
そこで、必要な書類について解説します。

身分証明書・印鑑証明書・住民票

住宅を売却する際は、売主の身分証明書が必要です。
ただし、親子や兄弟など、物件が共有名義の場合は、全員の身分を証明する証明書が必要です。
印鑑証明書と住民票は、発行されてから3ヶ月以内のものを用意する必要があることは知っておきましょう。
印鑑証明書や住民票は、区役所などで交付してもらえます。

権利証

権利証とは、登録名義人が売りたいと考えている住宅の所有者であることを証明するものです。
不動産登記が完了した際に、法務局から交付される書類です。
大切に保管しておく必要があります。

固定資産税納税通知書

固定資産税納税通知書とは、固定資産税の確認に必要な書類です。
毎年4月頃に市役所から交付されます。
仮に紛失してしまった場合は、固定資産税納税通知書の代わりに、固定資産税評価証明書を発行してもらいましょう。

建築設計図書・工事記録書

住宅を売却する際、その住宅がどのように設計されているか判断するための書類が必要です。
建設してもらった際に、配布されているはずです。
紛失してしまっている場合は、不動産業者に連絡してみましょう。

ローンの残債がわかるもの

現在のローン残債を示すための書類も必要とされます。
ローン残高証明書や、ローン返済予定書が該当します。

まとめ

今回は、中古住宅の売却で必要な書類について詳しく解説しました。
中古住宅の売却をする前に、必要な書類について知っておくことでスムーズに準備しましょう。
中古住宅を売却しようと検討している方は今回の記事を参考にしてみてはいかがでしょうか。
また当サイトは、お客様の不動産を詳細に査定しています。
お客様に満足していただけるよう、日頃から丁寧な接客を心がけています。
何かわからないことや困ったことがあればお気軽にご相談ください。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A
不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王
不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。