中古住宅の売却をお考えの方必見!注意点をご紹介します

「中古住宅を売却する際の注意点を知りたい!」
「売却を成功させるために意識するポイントってあるの?」
このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
中古住宅の売却では注意点が存在します。
今回は中古住宅の販売を成功させるために「中古住宅を売却する際の注意点」について詳しく解説します。

中古住宅を売却する際の注意点

契約書を結んでおく

不動産と契約するときは、「契約書」に注意しましょう。
契約書を結んでおくと、契約者間のトラブルを未然に防げます。
物件の不備を買手に報告できなかった場合、売手の責任になります。
とりわけ、契約を結んだ場合、簡単には解除できません。
不動産会社や司法書士に契約書の作成を依頼することをオススメします。

中古住宅を引き渡す際

引き渡しの際に不備があった場合、違約金が発生するおそれがあります。
売り手と買い手だけでは条件確認が困難です。
不動産会社と立会いのもと、双方が納得して取引することが大切です。

土地の境界が不明確な場合

周囲の土地が不明確な場合は、土地家屋調査士に境界線の判断を依頼してください。
境界の不明確さは隣人同士のトラブルになる恐れがあります。
境界がはっきりしていない場合は、ご依頼の準備をしておくことが大切です。

抵当権の抹消

抵当権とは、住宅ローンでお金を借りた際に、借り手が返済できない場合、不動産を担保にする権利です。
中古住宅を引き渡す際には、抵当権を抹消の状態にする必要があります。
抵当権抹消登記に必要な書類に関して、金融機関に確認してください。

瑕疵(かし)担保責任

瑕疵(かし)担保責任とは、物件の欠陥に対する売り手の責任です。
売却後に配水管の不備や雨漏りが発覚すると、トラブルの原因です。
そのため、売り手は物件の不備を伝え、現状を保証する責任が必要です。
とはいえ、瑕疵(かし)担保責任を数年以上は負えません。
一定期間の契約を結ぶのが一般的といえるでしょう。

専門業者に依頼する

売り手の方は、最大限の売却益を目指します。
一方で、買い手は費用を抑えて中古住宅の購入を希望します。
両者が納得した取引を目指すために、専門家の立会いが必要です。

まとめ

今回は中古住宅を売却する際の注意点について詳しく解説しました。
中古住宅の売却の際、契約書はトラブル防止に一役買います。
また、現地見学では不動産の担当者と立会いのもと条件確認をオススメします。
中古住宅の売却を希望する方は当サイトを検討していただけると幸いです。
ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
経験豊富なスタッフが中古住宅の売却に関して全力でサポートいたします。

 不動産売却王全国版トップへ

不動産売却に関するお悩みを解決!!

不動産売却をしようと思ってみたものの、何を何をどのように進めればよいのか戸惑ってしまう方も少なくないのではないでしょうか?
人生にそう何度とないことなので、知人や友人に聞いても分からないこともしばしば。そんなお悩みを解決する情報が盛りだくさんです。

不動産売却Q&A

不動産売却Q&A

不動産の査定依頼や売却を考えている方のお悩みの方々のご参考となるように、質問と合わせて回答をご紹介しております。

不動産売却王

不動産売却王について

全国の土地、戸建、マンションを簡単な入力だけでその場で査定します。もちろんご利用は無料。地域のお店をご紹介します。

           加盟店一覧アイコン            運営会社概要アイコン
           お問い合わせフォームアイコン            個人情報の取扱についてアイコン
不動産売却王は、ご所有の不動産がいくらで売却できるのかをその場で査定してお伝えします。
提携する不動産会社がカバーするエリアであれば、より詳細な査定をお申し込みいただくことも可能です。
査定価格を知るためには、「不動産の種類・住所・広さ・築年数」と「お客様のお名前・ご連絡先」を入力するだけ!
不動産情報がお手元にあれば、トータル1分ほどで査定価格をご提示することが可能です。